口臭が気になる瞬間とそのとき思うこと

他人の口臭が気になる瞬間がたまにあります。例えば、顔を近づけたときです。私がよく経験するのは、スマホの画面を一緒に見たりするときです。適度な距離であれば、全然気にならない人でも顔を近づけると気になることがあります。そのときに思うのは、自分も口臭がきつかったらどうしようということです。

ブレスマイルウォッシュ

自分では自分の口臭を客観的に嗅ぐことはできないし、他人からそう思われていても言ってくれる人がいないからです。実際、私も他人の口臭が気になっていても本人に口臭について言うことはできないし言った経験・言われた経験もありません。それくらい、暗黙のものになっている気がします。もちろん、口臭がきついからといって、その人のことを嫌いになることや嫌になることはありませんが、顔を近づけたりすることに抵抗がもつようになったなと感じてしまいます。

また、それが異性であれば確実に恋愛対象から外れてしまうと思います。恋愛において清潔感はとても大切で、見た目だけでなく匂いに敏感な方は多いように思います。特別いい匂いである必要はありませんが、他人から「ちょっと気になる」「不快に思う」場合があるようであれば、気をつけたほうがいいのかなと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。