日焼け止めを塗り忘れた30代後半の私

昨日、急な用事が出来てしまった私は、慌てて家を出て自転車で片道約5キロの距離を、超スピードで行ってきました。自転車をこいで10分位した時、赤信号でたまたまストップした時に、肌がジリジリと焼けるような暑さを感じました。そしてハッとしたのです。

nicoせっけんの効果は?購入して3ヶ月使用した口コミ&評価を暴露!

私、日焼け止めを塗らずに出てきてしまったのです。あまりに急いでいたし、その時点で家に引き返して日焼け止めを塗るなんていう選択肢もなく、かなりガッカリしつつも、自転車をひたすらこぎ続ける私でした。

昨日はかなりの猛暑で日差しが強く、ジリジリと焼けるような感覚が肌にある、まさに夏の日でした。マスクで顔の広範囲は隠れてますが、最近シミがかなり気になる私にとってはかなり致命的だったと思います。

また、ハンドルを握る腕は半袖なのでジリジリと暑く、腕の肌はかなり焼けてしまったと思います。外では汗でベタベタしていましたが、家に帰りシャワーを浴びると、焼けて乾燥してしまったカサカサの腕の肌になってしまっていました。

この年齢でこんな無防備な夏の日の日焼けは、本当にやってはいけないことだと実感しました。時間にして約一時間、自転車をこいでいたので。かなり致命的だったと思います。

済んでしまったことは仕方がないとはいえ、かなり悔やまれます。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。