映画や小説で登場人物をサポートするフクロウの特徴

知っている事が一つずつ増えていくというのは、自分の中に多くの知識が蓄積されていくので、より一段高い成長への糧につながります。

プラステンアップαはどこで売ってる?

映画や小説で登場人物をサポートする動物といえば、犬と答える方が大勢いると思いますが、今回はフクロウの特徴を紹介します。

一つ目は、首の可動域が非常に広い事です。普通だと、その場から振り返らずに後ろを見るのは難しいですが、フクロウの場合は真後ろまで首が回ります。これは、フクロウが主食にしている昆虫や小型の動物を見逃さないためです。

フクロウの目は顔の正面についているため、眼球が固定されており動かすことができません。眼球が固定されているので、首が発達したのです。発達したことで、何か気になることを発見したら首だけ動かして見ようとします。

二つ目は、フクロウが木に擬態して体を細くなることです。細くなることで敵にみつからないようにするためです。変化が激しいアフリカオオコノハズクは、警戒具合で体の細さが変わっていきます。細くなる姿は怖がっている証拠ですが、一度は見て見たいですね。

賢く発達したフクロウも夜行性なので、やはり朝は苦手なのか気になります。眠そうにしている顔も映画や小説のイメージとは違って、可愛いと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。