ダメージを減らすタオルドライ

髪へのダメージは最小限にしたいですよね。日々の生活で何気なく行っている動作で一番髪を痛めている可能性のあるのは「タオルドライ」の時です。皆さんは髪全体をガシガシとタオルドライしていないでしょうか?じつはこの全体的にまとめてタオルドライすることはあまり髪に良くないとされています。正しいタオルドライの方法を行うと、髪へのダメージが少なくなるだけでなく、早く乾くことにも繋がります。まず、髪を洗ったらくしで梳かして、絞ります。これを何回か繰り返すと、ほとんどの水分が取れます。その後、地肌のみをマッサージ

ベルタシャンプーは販売店で市販あり?

するように水気をとります。この時、地肌を掻くようにやるのではなく、空気を含ませながら行うイメージだとやりやすいです。その後、再度くしで梳かして絞ります。最後は毛先です。両手ではさみ、たたくようにして水気をとったら終了です。頭全体をタオルドライする方法だと、摩擦が大きすぎてダメージが生まれてしまいます。そのため、地肌と毛先に分けてタオルドライすることが重要なのです。また、髪専用のタオルを使うとさらに髪へのダメージを減らすことができます。この方法を実践したところ、その翌日から効果が体感できました。ぜひ試してみてください。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。