背中ニキビと奮闘中!

私は27歳一般OLの女性です。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの最安値通販サイトや私の口コミなどご紹介!

私には10年ほど付き合っている肌の悩みがあります。

それは、背中ニキビです!!

顔のスキンケアには昔からこだわりがあり、自分の肌質や季節の悩みに合った化粧水や乳液を使用し、ここ数年では目立ったニキビもほとんどできていません。

でも、私の背中はとっても手強いんです!!

最初に背中ニキビに気づいたのは高校生。見えない部分だったので、痒いなあ、と少し思っても放っておいてしまいました。

また、水着を着るようになる夏は、通気性の良い服を着ているおかげか比較的ニキビができにくく、あまり気にする事なく過ごしていました。

しかし冬の乾燥しやすい時期、もこもこの服で身体を包む季節になると急に増えてきて、痒くなって描いてしまったりすると、余計に増えてしまいます。一度できたニキビの跡もなかなか消えず・・・もうすぐ結婚!となるとウェディングドレスが心配です(泣)

気になってから皮膚科も3?4軒ほどはしごしました。塗り薬で良くなったと思えばまた悪くなったりと、それを繰り返して10年。

未だに良い解決法が見つけられないままなので、何か良い方法があれば教えて頂きのですが・・・。

美容皮膚科のピーリング等も検討したいと思っています。

私の足の匂い撃退法とこれからについて

合コンに行った時、二次会でお座敷だった。http://milight.sub.jp/

グループの中でも1番の美女が背の高いヒールを脱ぐ。

その瞬間なんとも言えない。そう、これはまさしく足の匂い。

本人は気づいているのだろうか?いや、もしかして気づいていない?

そして気になりだす、私自身の足の匂い。気になってしょうがなかった。

家に帰り、真っ先に足の匂いを嗅いでみた。うん、臭い。この匂いは周りの人に気付かれていたのだろうか。あの晩、美女の匂いに紛れて気づかれなかったことをただただ願った。

今まで私は、家族にさえも足の匂いを指摘されたことはない。

なので、まさか自分が足が臭いなんて考えもしなかった。

そもそも足が匂う要因は何?

靴の履きっぱなし、毎日同じ靴、水虫、足を入念に洗ってない。。。。

え、全部当てはまるんだけど。

さらにいうと、靴じゃなくて私は毎日同じ黒皮のヒール履いてるわ。

あの美女はきっと自分の足の匂いに気付いてない、そんな身の振り方だった。

それから私は今までと打って変わってケアに徹することにした。

まずは会社での過ごし方。

通勤は靴に変えた。着いたら靴下まで脱いで制汗シートで足を念入りに拭き上げ、スリッパに履き替える。その後、1日に合計3回は制汗シートでさらに足を拭く。

隣の会社の先輩は元からそんなに仲良いタイプではない。反応は苦笑いされたがそんなことはどうでもいい。毎日やった。

次に家に着くと

シャワールームで足を水で流す。

水虫があることも今まであまり気にしてなかったけども、

これを機に水虫の薬を塗ることにした。

お風呂でも、まずは足をたわしでしっかり擦ることにした。

(今まではちょっと泡のついた手で触るくらいだった。)

さらにインターネットで拾った情報だが、コーヒーの出がらしが足の匂いに効果があるということで毎朝生成されるコーヒーの出がらしをお風呂時間に足裏に擦りつけることにした。

これで改善されたのだろうか?

そもそも足の匂いは初めから自覚症状がない。

1ヶ月もすると水虫は消えた。

ここまでして思ったのはおそらく私の足は、

現時点では顔を足に近づけない限りはそこまで臭くないだろう。

それでも、あの合コンの日に嗅いだ美女の足の匂いのことを考えると自分の身の振りを考えざるを得ないのである。

いつかくる合コンでのチャンスのために、今後も日々、精進しようと思う。

冬の体力回復に食べたい、食べ物

ここ最近、私はあまりの寒さが原因で体力が落ちて疲れやすくなっているような気がしています。「毎日寒いから仕方ないよ」。そんな声も聞こえてきそうですが、冬の寒さで奪われた体力を回復させる食べ物、何かないでしょうか?

冬に体力を奪われやすいその理由として、その寒さから体内にあった熱がどんどん奪われれること、熱を保つため、体が縮こまって血管が細くなって体がこわばる、自律神経が頑張り過ぎてしまい、うまく機能しなくなります。

体にいい食べ物を食べるから、体が元気でいられるのだと思います。冬の奪われた体力を取り戻すためにいい食べ物として、まず、豚肉をお勧めします。

疲れに効くというビタミンB1がとても豊富で、なんと牛肉の10倍近く、含まれているそうです。疲労回復にいいからと豚肉だけ食べるのは栄養が偏ります。梅やお酢、レモンに多く含まれる、クエン酸を一緒に食べる事で効率よく栄養が補給できます。

たとえば、キャベツと豚肉とタケノコ、もやしで蒸し料理にして、上に梅を刻んだものを乗せるなんていうのもよさそうですね。

ダイエットしたいけど、お肉も食べたいなんてときに最適という、ヘルシーさが売りの豚肉ですが、じつは疲労回復にも豚肉が最適だったのは知りませんでした。梅やお酢などを一緒に摂ることは、冬の体の疲れを取れる最強の組み合わせと言えるのかもしれませんね。

子供に運動させるメリットと現状

子供は幼児期(2歳頃)から外に出て運動するようになります。

成長してそのまま幼稚園や保育園、小学校と中学校へと進学していきます。

昔は「子供は風の子」というように、季節関係なく外で遊ぶことが当たり前になっています。

子供に運動させるメリットとしてはいくつかあります。

まずは「運動に対する神経をよくする」ことです。

人間にとって運動することはとても大切なことで、運動に対する神経(運動神経)を広げることにより、「活発さ」や「仲間に対する意識」や「ものの使い方」等を養うことができます。

また、「自発性」も運動によって養うことができて一人より複数で運動した方がいいという心が芽生えて、運動を通して「遊び」につながります。

次に「運動によって健康増進」です。

運動が活発に行える時期はまさに子供時代だけです。運動を行うことにより、「瞬発性」や「持久性」を運動によって鍛えられることが子供に運動させることの最大のメリットです。

そうすることで、遊びが「スポーツ」という形となり、「野球」や「サッカー」をはじめ、最近では「フィギュアスケート」や「バレエ」を習わせる親も増えています。子供時代の積み重ねで「プロ」になって国内外で活躍する選手も出てきています。

子供に運動をさせたいという親にとって運動ができないという現状があります。

それは住宅地を多く開発させたことから公園や広場がなくなり、子供が外で運動する環境が整っていないことです。

また、同時期位から「テレビゲーム」等の室内で遊ぶ環境が変わってしまい、運動よりゲームという風潮が広まってしまったことです。

さらに、受験することが高校の入学受験からではなく、小学生から受験という環境になったことから受験勉強のために運動不足になるという悪循環も出てきています。

70年代と2010年代では、子供が運動をする環境が違っていることもあり、体力測定の数値が2010年代の子供と比較すると運動能力が落ちているというデータもあります。

子供時代はのびのびと運動する楽しさを味合わせて、どうしても運動から離れる中学時代も運動する気持ちが維持できれば運動不足というデメリットを避けられると感じています。

パンダの体毛は白黒だけではない。直立する人気者レッサーパンダ

パンダという名前を聞いて、思い浮かべるのはジャイアントパンダです。

白と黒の独特な色合いに、大好物の竹を器用に掴んで食べる様子が見ている人を釘付けにする、動物園のアイドル的な存在です。

ジャイアントパンダは名前の通りに大きく成長します。体重は100kgを超え、体長も立ち上がった姿勢時には約2m近い高さがあります。そんな、大きいジャイアントパンダとは対照的に小柄なパンダもいます。それはレッサーパンダです。成長した大人でも、体長が約50cmから60cm台と小柄で体重も約3kgから重くとも6kg台です。ジャイアントパンダと比べると、その違いがよく分かります。

レッサーパンダが一躍注目を集めたのは、2005年5月千葉市動物公園で飼育されている雄の風太君が30秒程度、後脚を器用に使い直立します。あまり頻繁に行う行動では無いので、目にする事ができたら運が良いです。

この行動には、身の周りの安全を確かめる意味があります。立ち上がった方が、より遠くまで辺りを見渡せるのでとても賢いと思います。

レッサーパンダの立ち上がる姿勢には、まるで赤ん坊のような危うく、放ってはおけない愛らしさを重ねて見てしまいます。上手に立ち上がれた時には、たくさん褒めてあげて頭を撫でたい気持ちになります。

厚くてモコモコの上着でなくても

周りの人を見るとモコモコしたダウンジャケットを着込んでいる人が多くいました。

女性は、手袋やマフラーも着用していました。厚くてモコモコしているタイプは着るとすぐに温かくなります。ただ、服に重さがあったり、動きづらかったりします。動きやすく、とても温かい上着を探してみました。

ユニクロのライトダウンジャケットは、全体のシルエットが大きいこともなく、袖の部分がないタイプや、袖のあるタイプの2種類があって選べて温かいです。

それでもダメなときは、下にセーターを着てその上に羽織るという着方で温かい方法もあります。動きやすくてという点でピッタリな上着で、「光電子ダウンジャケット」という上着がありました。 

これは、中綿や体に触れている内側の素材に「セラミックス光電子ファイバー」という特殊な遠赤外線素材を用いて、私達の体から出た熱をその素材がいったん吸収し、ふたたび熱を放出することによって温かい、人の体温を利用して保温するから重さも軽いし、ジッとしていても温かいまんまという、画期的なダウンジャッケットです。

モコモコとして厚みのある、大きなジャケットを着なくても、ちょっとした着方の工夫や、初めて聞きましたが、素材からして画期的な、光電子ダウンジャケットという新しい上着を着ることで動きやすく、快適に過ごせます。